引越し 単身


引越し 単身

進学・就職・転勤・離婚などなど、
一人暮らしを始めるなら引越しはつきもの。

新しい生活に向けて、
少しでも出費は抑えたいところですよね。

そこで今回は、単身の引越しを少しでも
安くするためのコツをご紹介します!


単身引越しの相場


コチラの記事『引越し 相場』にざっくり
まとめましたが、引越しは月別、曜日別、
時間帯別に相場が異なります。

加えて荷物の量によっても
料金に差が出るわけですよね。

それはもちろん、単身の引越しも同じ。

たとえば引越し業界の通常期(5月〜2月)
と繁忙期(3月・4月)とでは、
単身の引越しも次のように差が出ます。

通常期(5月〜2月)
同一県内 28,000円〜37,000円
他県    44,000円〜94,000円
平均    35,000円〜44,000円

繁忙期(3月・4月)
同一県内 39,000円〜57,000円
他県    70,000円〜150,000円
平均    55,000円〜76,000円


また、1日の時間帯別の相場だと……

午前中   69,000円
12−15時  64,000円
15時以降  69,000円


荷物が少ない単身の場合は
午前便を外して「午後便」で依頼するのが
料金を抑えるコツってわけです。



単身向けプランと単身パック


繁忙期以外で午後便で依頼するのが単身の
引越し料金を安くするコツ……なのですが、
それなら大家族の引越しも同じですよね。

そこで、ここでは単身ならではの
サービスについてご紹介します。

まずは2つのプランについての説明です。
ややこしいですが違いは簡単ですので
サラッと把握してください!



<単身向けプラン>


引越し業者さんから「単身向けプラン」
という説明があったとしても、
全然特別な話じゃありません。

基本的に引越しというのは荷物の量を
引越し業者さんに事前に確認してもらい、
距離や日程を考慮して見積もり金額を
もらいますよね。

単身向けプランというのは内容的には
この基本的な流れそのものです。

ただ、家族向けだとトラック何台かに
なってしまうところを、単身の場合は
1台で済むことが多いし、スタッフの数も
最小限で済むというだけのこと。

特別なディスカウントプラン
というわけではありません。

あなたがゴージャスに家具や家電を
買い揃えた一人暮らしなら、
当然ながら料金は高くなるってコトです。



<単身パック>


あなたが単身で荷物の量が少ない場合は、
この単身パックがオススメです。

これは、トラックを貸し切るのではなく、
他の方の荷物と混載、つまり「相乗り」で
運ぶのでその分安いってワケです。

決められた大きさの「コンテナボックス」
に荷物を積み込む方式のため、運べる量は
通常と比べると少ないのが玉にキズ。

コンテナボックスはこんなイメージ↓




とりま実家を出て一人暮らしを始める人や
家具付きの物件に引越す人など、
持ち出す荷物が少ない方向けですね。

ワンルームや1Kが目安かな。

引越し時期や距離によっても違いますが、
単身向けプラント単身パックとでは
5,000円〜30,000円くらい差が出ます。

料金は引越し業者さんによって
差があります。

こちらの記事「引越し 一括見積もり」
ご参考に一括見積もりを取ることを
オススメします!



単身が格安で引越すその他の方法


単身パックを使える程度の荷物の量の方は
割安でオススメなのですが、その他にも
格安で単身が引越す方法があります。

サクッとご紹介しますね。



<宅配便を利用する>


荷物が極端に少なくて比較的短距離の
引越しの場合、宅配便はめちゃ安です。

ダンボール10箱程度の荷物ならオススメ!

単身パックより数千円は安くなるでしょう。



<赤帽を利用する>


全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会、
通称「赤帽」は、軽トラックを使った
運送業者さんの協同組合です。

荷物のサイズにもよるのですが、比較的
大きい家具がある場合は単身パックより
安くなるかもしれません。



その他にも、レンタカーで自力で
引越しする、という方法もあります。

荷物は自分たちで運ぶ必要がありますが、
レンタカー代だけですので格安で引越しが
できますね。

また、引越し業者さんによっては
作業の時間帯を指定しないで業者さんの
空いている時間に合わせる「フリー便」
というのをやっているところもあります。

こちらもかなり安くなりますので、
検討してみてください!

引越し 単身