引越し 一括見積もり


accountant-1238598_1920.jpg

引越し業者さんに見積もりを依頼するなら
必ず複数社にお願いして比較しましょうね。

引越しの料金を決める要素っていくつも
あるので、比較対象がなければ適正価格が
わからないじゃないですか。

言い値でボラれちゃうんじゃないか……?
(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル

だから、何社かに連絡を取るのは
もうマストといっていいでしょう。

「でも、たくさんある中から
どうやってその会社を選べばいいのよ?」

はい、ですよね。

だから引越し★大将のオススメは
「引越し 一括見積もり」サービスを
利用しちゃうことです!


引越し 一括見積もり のメリット


引越し★大将が引越し一括見積もりサイト
をオススメする理由は、デメリットより
メリットのほうが大きいからです。

主なメリットは2つありますよ。

<メリット①:料金が勝手に安くなる>


ライバル会社がいることが前提なので、
受注を取るために勝手に安い価格を
提示してくれるんですよね。

<メリット②:条件に合う業者さんが見つかる>


たとえばピアノやペットなどの扱いは
そもそもNGなところ、オプション料金で
対応できるところ……いろいろです。

そういう条件に合う業者さんを
シラミツブシにあたるなんて時間の無駄。

一括見積もりサイトなら条件をインプット
するだけなので超シンプルですね。



引越し 一括見積もり のデメリット


しかーーーーーーーし、
いい話ばかりじゃありません。

悪評高きデメリットもあるんです。


<デメリット:電話やメールが大量に来る>
各引越し業者さんはお客様獲得のために
「お金を払って」引越し 一括見積もり の
サイトと提携しているのです。

費用をかけての顧客争奪戦ってワケ。

だから、必死なんですよ。





ひえ~~~
(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル

こうならないコツみたいなものって
ないかなぁーって思いません?

それがあるんですよ!



引越し 一括見積もり 活用のコツ


とにかく、多くのお客さんが口を揃えて
言っているのが鬼電。

これはなんとかしなきゃいけません。

そこで、鬼電地獄に陥らないためのコツを
いくつかご紹介しますね。


<コツ①:はじめから絞り込む>


引越し 一括見積もりサイトの中には、
希望の引越し業者さんを選んで見積もり
依頼ができるところがあります。

クチコミ評価などを元に依頼する業者さん
をあらかじめ絞り込むことで、やり取りが
かなり楽になります。

引越し一括見積もりサイトを選ぶとき
そんなサービスの有無を確認するのも
手じゃないでしょうか。


<コツ②:メール以外不可宣言>


引越し一括見積もりサイトに登録する際に
「その他要望」とか「備考」とか、
そんな自由記入欄があると思います。

そこで宣言しちゃうんです。
たとえば……

「電話でのお話はお受けできません。
メールでのみご連絡ください。
万一電話をいただいた場合は例外なく
お断りします。」

こんな感じでどうでしょう。

これでも電話してきたらどうするかって?
例外なくお断りしちゃってください!


<コツ③:30分時間があるとき申し込む>


そうはいっても電話はかかってくるものと
思ってください。

一括見積もりサイトに登録した瞬間に
電話が来るかもしれません。

なので夜中や早朝に一括見積もりサイトに
申し込まないで!
絶望的な事態になる可能性がありますよ。

まあ30分あれば鬼電は落ち着きます。

コツ②に従って、興味ない業者さんには
バシバシお断りすればいいだけですので
30分だけ時間を空けておきましょう!


<コツ④:見積もり依頼は3社に絞る>


依頼する業者さんをはじめから絞り込めば
訪問見積もりのやり取りなどがかなり楽に
なります。

その際、どのくらい絞るかって話ですが
ズバリ3社で十分です。

10社に依頼しても話が複雑になるだけで、
ぶっちゃけ個別に対応する時間が
もったいなさすぎます(苦笑)

3社で十分価格交渉の牽制球になるので
まずはソッコーで絞り込みましょう。

で、一括見積りサイトで「停止依頼」を
かければ鬼電やメールの山から解放されて
3社と腰を据えて話し合えますよ。


これでスッキリ解決しますけれど、
あと2点コツをご紹介しますね。


<コツ⑤:断るときはハッキリと>


契約する可能性が低いのにダラダラ交渉を
受けてもお互い時間の無駄ですよね。

もしその業者さんに依頼する気がないなら
まだ最終的にどこにするか決めてなくても
「もう他に決めたから」と断りましょう。

業者さんが食い下がろうが何しようが
「また機会があればお願いしまーす!」
と明るくやり取りを打ち切りましょね。


<コツ⑥:抱き合わせ販売は全部断る>




こんな話をよく聞きます。

提携している会社の案件を一緒に受注して
手数料をもらいつつ、その収益から引越し
料金の値引きをする仕組みだと思います。

でも、電気代がどこが一番安いかなんて
それはまた別に見積もり取らなきゃ
わかんないですよね?

ウォーターサーバーを
急いで買う必要ないですよね?

それなのに選択の余地なくパッケージで
契約するなんて、実にばからしい。

こういう交渉をされたら、
「そんなのナシで安くならないんですか?」
って明るく質問してみましょう(笑)

もちろん、抱き合わせ販売は
全部断ってOKです!



引越し 一括見積もり オススメのサイト


さて、いよいよ一括見積もりサイトの
お話しをしましょう。

引越し★大将が調べたランキングの発表です!

いろんな選考基準があると思いますが、
基準が増えれば増えるほど複雑になります。
なので、引越し★大将は最低限大切な
次の2点を重視しました。

①提携業者数
②希望業者を選んで見積もり依頼が可能か

提携業者数が多いほど、あなたのご希望に
あった引越し業者さんと出会える可能性が
高くなりますよね。

②は鬼電攻撃を最小化するために
地味に重要なポイント。

ってことで、そんなシンプルなモノサシで
選んだランキングはこちら!↓↓↓



1位 引越し侍



引越し 一括見積もり 第1位


提携業者320社以上
希望の業者さんを選んで見積もり依頼:◯


引越し 一括見積もり 第1位 公式サイトはこちら



2位 引越し価格ガイド



引越し 一括見積もり 第2位


提携業者数300社以上
希望の業者さんを選んで見積もり依頼:×


引越し 一括見積もり 第2位 公式サイトはこちら



3位 ズバット引越し比較



引越し 一括見積もり 第3位


提携業者数220社以上
希望の業者さんを選んで見積もり依頼:◯


引越し 一括見積もり 第3位 公式サイトはこちら



4位 引越し達人セレクト



引越し 一括見積もり 第4位


提携業者数210社以上
希望の業者さんを選んで見積もり依頼:×


引越し 一括見積もり 第4位 公式サイトはこちら



5位 LIFULL引越し



引越し 一括見積もり 第5位


提携業者数130社以上
希望の業者さんを選んで見積もり依頼:◯


引越し 一括見積もり 第5位 公式サイトはこちら






引越し 一括見積もり について
お話ししました。

基本的には一括見積もりサイトのご利用を
超オススメします。

ただ、メリットデメリットがありますので
そこを予め把握して対策を立てておけば
ホントに楽になります。

どうぞ参考になさってくださいね!

young-3061652_1920.jpg